雷電風雨☆

チャオ♪

今日も、東京は暑い一日でしたなぁ〜!

昨日、おとといと、ビールをたくさん飲み過ぎて、
電車で家に帰れなかったので、
今日は、家で皮モノの手入れをやりました。

のび太の相棒のランドセル君は、
一部、社会人らしくないという声もありますが、
海でビールをかけられても、
中からスプレーを放出されても、
頑張ってくれます。

2年使って、だいぶ色見も落ち着いてきましたが、
まだまだ、おじちゃんになるまでは、
一緒に、居たいと思います☆

皮モノ好きな人は、結構いるかと思いますが、
良いですよねぇ〜♪

ということで、
日々平和な毎日でございます。

で、タイトルなんですが、
これで、何かわかったらかなりツーです!

伊藤博文さんから、
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」
と、に言われた男に、今、ちょいと浮気をしております。

●『世に棲む日日』 著)司馬遼太郎

高杉晋作さんを中心とした幕末の長州藩のお話です。
高杉晋作って、『龍馬伝』では伊勢谷友介だったかな?

短髪で、かっちょええって思ってましたが、
あの人、お坊さんになって、頭を丸めたから、
ああいう短髪になってたんですねw

幕末の志士の中では、傑出していたようでして、
稀代の革命家だったようです。

発すれば風雨の如しって言いますが、
相手に無理強いするようなことはしなかったそうです。

議論ってもんは、勝っても何も良いことはないですからね。
なんか、かっちょええんすよ!

んで、もう死んじゃったんですが、
吉田松陰さんも、最高に素敵です。

確か、『龍馬伝』では生瀬勝久さんがやったかと思いますが、
黒船に乗せてもらおうとして、乗せてもらえずに牢屋に入った人です。

吉田松陰さんって、学者さんみたいな人らしいですが、
高杉晋作さんにない、リーダーシップの持ち主なんですね。

牢屋から出て、萩の近くで、
松下村塾ってやつを開いたんですが、
そこに来る人の長所を見つけて、褒めて伸ばす人のようです。

褒められるって、オナニーよりも気持ちイイですからね☆

伊藤博文さんに対してやったかなぁ〜?うんこなので、もう忘れましたが、
特徴が無いからって松蔭さんは、
「君は、普通のところが素晴らしい!」
なんてことも言ったらしいです。

やはり、上に立つ人ってのは、
人間ができてて、人徳っつうもんがあるんすよね。

30にして立つって、そんな30歳生活も、
もうすぐ終わろうとしてるのび太君ですが、
仲良しのランドセル背負って、
ひたすらに、自分の道を突き進んでいきたいもんです。

さて、8月も後半戦です。
ダイエーホークスみたいに、頑張って行きましょうっと♪

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です