永遠

チャオ♪

生きてて、人に頼られることって、
何か、とっても嬉しいことの1つですね!

どうでも良いですが、ちょっと、好きな詩を読んでたので、
パクリんちょしてみます。

「永遠」

また見付かつた。
何がだ?永遠。
去(い)ってしまつた海のことさあ
太陽もろとも去つてしまつた。

見張番の魂よ、
白状しようぜ
空無き夜に就き
燃ゆる日に就き。

人間共の配慮から、
世間共通(ならし)の逆上(のぼせ)から、
おまへはさつさと手を切つて
飛んでゆくべし…

もとより希望があるものか、
願ひの条(すぢ)があるものか
黙つて黙つて堪忍して…
苦痛なんざあ覚悟の前。

繻子(しゆす)の肌した深紅の燠(おき)よ、
それそのおまへと燃えてゐれあ
義務(つとめ)はすむといふものだ
やれやれといふ暇もなく。

また見付かつた。
何がだ?永遠。
去つてしまつた海のことさあ
太陽もろとも去つてしまつた。

■ランボー詩集 訳偏)鈴村利成

去ってしまった海というのを、
「太陽にとける海」とも訳してる方もおりますが、
この原訳は、中原中也さんのようです。

人生って、右に行くか、左に行くか、
即興で作る、すごろくのように思います。

選ぶのも自由、作るのも自由。

んで、人間の業(ごう)なんてぇのは、
汚い汚いものです。

早いとこ、太陽にとける海ってぇのを、
見つけんといかんですなぁ〜

永遠って、何じゃろかぁ〜!?

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です