のび太、簡単に武士道を考える☆

チャオグッド(上向き矢印)

お医者さんから、胃カメラ飲むかexclamation & question
っと聞かれて、

えぇ~~ダッシュ(走り出す様)

って言ったら、もうちっと、
胃カメラを飲むまでに、猶予をもらえたのび太です手(チョキ)

ちと、必殺技を使うことにしたから、
ひょっとすると、胃が痛いの治るかなぁ~グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

んで、眠たいので手短に、
のび太の今年のテーマの1つは、
武士道で、世の中を良くするってことで、

のび太自身が武士道をテーマに頑張れて、
それが、会社をよくして、
んで、会社が税金をたくさんはらって、
んで、世の中がよくなるように、

そげんできたら、嬉しいなぁ~って
そういう戯言をぼやいてるんですが、

で、武士道ですが、
4巻まで終わりました手(チョキ)

サーチ(調べる)竜馬がゆく 4巻 著)司馬遼太郎

でね、日本人の無宗教ってのは、
武士道と何かしら、関わりがあるのでは?

ってことを、思うようになりました。

日本人は、武士道を通して、
『命』というものの尊さを、
神様の言葉でなくて、考えていたんだなぁ~って
竜馬がゆくから、考えさせられました。

どういうことかというと、
日本人ってのは、

何かを成し遂げようとする『日本人』ってのは、
命を賭けてやるもんです。

一生懸命

って言葉が、その意味を示してますわなダッシュ(走り出す様)

死ぬことの、美徳というか、
(もちろん、命というものを、
粗末にしては、絶対いけませんが)

士農工商という、まぁ、日本人を日本人たらしめた、
300年間でしたっけ?

日本が安定して、(ある意味)平和に暮らせるように
してたのは、武士道ってのが、

いや、お侍さんが偉いって思うことが、
良いかどうかの議論は、さておき、

その、お侍さんが、何かあったら、

Harakiri

っすわ。

命を賭けてやる、って、どうなんしょ?
他の、イスラームとか、キリストとかであるんかなぁ~?

まぁ、いいわ。

何となく、机の引き出しから、
去年の手帳を何気なく広げたら、
2009年8月3日に、

『義を見てせざるは 勇なきなり』

って言葉と、

『武士道とは 死をも恐れぬ勇気と
犠牲的精神なり』

って言葉が、のび太ノートに
落書きで書いてありました。

これは、のび太の行きつけの
Soul Sisters
ってソウルバーの常連さんの、
ハットと甚平姿のおっちゃんから聞いた言葉です。

とても、好きな言葉になりました。
(2つ目の方は、ちと、忘れかけてましたがダッシュ(走り出す様)

だから、武士道の全てを語るには、
とうてい、果たせないかと思いますが、

武士道ってのは、日本人の心かも知らんですねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

そんな気が、しましたクローバー

のび太、良い目標を2010年に立てたなぁ~って、
自画自賛してみました手(チョキ)

本格的に、武士道が説けるくらい、
精神を磨いて行ければなぁ~って思いましたグッド(上向き矢印)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です